エルゴパック社の創設者 アンドレアス・キメレ氏は、エルゴノミーについて熱心に語ります.

「腰痛持ちになったために長期休職または退職せざるを得なくなったとすれば、それには多額の費用がかかり、会社にとって大損失です. それにも関わらず、多くの人々はまだこのことについて考慮していません. 」

実際、頻繁にかがんだり身を低くしたまま歩いたりすることが原因の腰痛は、患う方が最も多い職業病だと考えられています.

エルゴパック社はついに、バンド掛けによる腰痛を防ぐことに成功致しました. これに加え、他のアドバンテージも持ち合わせています. アンドレアス・キメレ氏は少年時代から、家業の木材業でパレット梱包の際に頻繁にかがむ必要があることに悩まされ、木材加工のエンジニアとして、何か良い解決策はないかと模索していました.

「専門家に話を持ちかけましたが、」とキメレ氏はこう続けます. 「彼らは解決すべき課題を理解しようとはせず、巨大マシーンを紹介したり、単純に『バンドを棒の先に固定してバンド掛けをすればよい』と勧めたりするだけでした. 」

そして、キメレ氏は自身で問題解決に着手し、1999年に初のバンド掛け機を発明しました. 2002年には、ジュネーブでの国際発明展で金賞に加え、ドイツの発明賞を受賞し、エルゴパック社を設立しました.

今日では8500台以上ものエルゴパックが、35カ国から世界へ販売されています. エルゴパックの操作は簡単です. 担当者が納品の際に、操作方法や取扱方法をお客様にトレーニングをさせていただくことで、安心してお使いいただけます. エルゴパック―名前がすべてを表しています:エルゴノミックにパレットと梱包物を一緒にバンド掛けする. エルゴパックにより、かがむことはもう過去のものです!

エルゴパック社にとって未来は明るく見えています. 2010年夏には、ホーホシュタットにある本社から、ほんの数キロメートル離れたラウインゲンに、より大きな事務所併設の組立工場・倉庫に移設しました. エルゴパックの需要は、おかげさまで常に増えています.